Gコグリフト2

暖冬とはいえ、寒暖の差が激しい日が多いですね。
最近テレビでも紹介されていた糸のリフトですが、そのモニターさんの症例です。
60代後半の方です。
前と一カ月目を供覧します。

  右矢印  


フェィスラインの自然な挙上、法令線が薄くなっているのがわかります。
局部麻酔で、30分位で施術は終了します。
効果は、1年半くらいですが、糸の周りのコラーゲンの増成が終わっても、元に戻ることはありません。

施術名:Gコグプレス糸によるリフト
施術方法:局部麻酔にて、皮下に通糸する。片側3~6本のことが多い。この症例では、片側3本で、両側で6本使用。
考えられるリスク、副作用:Gコグプレス糸は、ポリカノラクトンからできた1年から1年半で吸収される素材であるので、後日の遺物反応アレルギーがおこりにくく安全性が高い。
施術による内出血、いわゆる青あざ、むくみは7~10日間みとめることがある。また一時的な鈍痛がることもあるが、痛み止めで緩和できうる範囲である。
施術の効果は、個人差があります。
価格:18万円(税抜き)



さくら美容形成クリニック



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

wm8ilhruibgv

Author:wm8ilhruibgv
院長症例ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR